*
Home > スタッフブログ > 盆提灯の種類と扱い方|飯田市 家族葬・葬儀 セレモニーホール飯田

スタッフブログ

盆提灯の種類と扱い方|飯田市 家族葬・葬儀 セレモニーホール飯田

盆提灯とは

お盆は旧暦の7月15日を中心として行われるところもある行事ですが、飯田下伊那地区では月遅れの8月13日から16日にかけて行われます。

実際の期間はご家庭や地域によっても異なる部分もあますが、この時期から盆提灯の準備を始めます。

 

毎年お盆になると飾る盆提灯は、先祖や故人の霊が迷わないよう仏壇や精霊棚の前、窓や玄関などに置く仏具です。

 

盆提灯

 

盆灯の種類

 

盆灯には大きく分けて吊るすタイプと置くタイプの2種類があります。

・吊るすタイプ : 御所提灯

・置くタイプ:大内行灯や回転行灯

 

盆灯は宗派による違いもなく、吊るすタイプ・置くタイプどちらも盆提灯としての意味合いは同じですので、飾られる場所やお好みに合わせてお選びになるとよいかと思います。

 

盆灯

 

盆提の扱い方

 

盆灯は精霊棚や仏壇の両脇に一対、二対と飾ります。

飾るスペースがない場合などは、片側に一つだけ飾る場合もあります。

贈られた盆提灯は、多ければ多いほど故人が周囲の方々から慕われていたことを示すものとして、たくさんの盆提灯を飾る風習の地域もあります。

 

特に新盆の場合は、普通の絵柄の入った盆提灯のほかに新盆用の白提灯を飾ります。

新盆用の白提灯は、初めて故人の霊が家に帰る目印として玄関や縁側の軒先に飾りますが、最近では防犯上から窓際や仏壇の前に飾る場合も多いです。

白提灯を飾るには新盆の時だけです。お盆が終わったら燃やして処分します。処分については、料金はかかりますがお引き受けすることが可能です。

 

核家族が進み、身近に仏事に詳しいお年寄りの方がもいなくなったこともあり、盆提灯やお盆についてもわからない方も多くいらっしゃいます。

ちょっと聞きづらいなと思われたことでも、セレモニーホール飯田もしくは蓮華へ遠慮なくご相談いただけたらと思います。

Page Top