*
Home > お知らせ > 家族葬だからこそ必要 家族のさまざまな思いに応える復元納棺師

お知らせ

2018.06.25

家族葬だからこそ必要 家族のさまざまな思いに応える復元納棺師

飯田市の家族葬・葬儀・終活の
(株)セレモニーホール飯田
伊藤佳代子です。

今日は、私の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

セレモニーホール飯田

1975年4月 長野県飯田市松尾に生まれました。
両親が精密プレスの仕事をやっていたため、
機械の音・工業油のにおい、
女性なのに全く気になりません!
今もプレス機械、旋盤などの機械を見ると
ワクワクします。

仕事の他に大切にしているものをお話します。
大切なのは何といっても7歳の息子です。
息子と二人暮らしですが、
この年で7歳の息子なので親バカですが、
かわいくて仕方ありません。
仕事上、一緒にいられないことも多くて
寂しい思いをさせているとは思いますが、
息子のためなら何でも頑張れますね。

私の趣味は、仲間と楽しいお酒を飲むことです。
今の時期は公園や河原でのバーベキューが
楽しいです!
仲間が集まり美味しいもの食べて、
とにかく笑って同じ時間を過ごす・・・
本当に幸せな時間です。

この業界へ入って十数年、
3年前に専務取締役へ就任しました。

仕事では苦労もたくさんあります。
でも、支えてくれる社員の存在、家族、仲間、
周りにいるすべての方のおかげで
毎日があると思っています。

仕事では
『復元納棺師』
『上級終活カウンセラー』
などをしています。

詳しくはまたの機会にお話ししますね。

飯田市、下伊那の家族葬 ・葬儀へのこと
お気軽にご相談ください。

Page Top